読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秘密の花園

喪女のつれづれ日記

これから埋没法をしようと考えているあなたへ②

②です。

 

 

 

まず、埋没法とはなんなのか簡単に説明したいと思います。

 

 

埋没法とは、簡単に言うとメスを使わず(切らず)に医療用の針と糸を使い二重をつくる施術のことを言います。
髪の毛よりも細い医療用の糸をまぶたの内側から留めるだけの、今人気のプチ整形術です。

(湘南美容外科HP

埋没法とは|人気医師が答える二重の整形エトセトラ

より引用)

 

※わたしが施術を受けたのは湘南ではありません、あしからず。

 

上記のとおり、埋没法は瞼を切ったり貼ったりするわけではなく、希望のラインに沿って糸を結ぶことによって二重を作ります。

 

 

私は笑気麻酔などはせずいきなり瞼の裏に麻酔の注射を打ちましたが、それも大して痛みは感じず、一瞬チクっ!とするのに耐えればあとは10分程度で終わりです。術後も生理痛よりマシな程度の痛みでした。

 

このように手術自体は簡単シンプル。だからこそ、

 

①医師選び

②事前のカウンセリング

 

がとても重要となります。

 

 

 

①の医師選び。まずはここが肝心!

一番確実なのは、ある程度口コミサイト等で情報を集め、その上で気になったところや条件の合う医院に無料カウンセリングに行くことです。

実際に医院に足を運ぶことで雰囲気も掴めますし、見積もりもその場で出してもらえます。埋没法だとカウンセリング当日に施術もできますがどうしますか?と聞かれることもあるかと思いますが、その日は帰って、何件かまわって比較することをお勧めします。

 

ちなみに私は2件しか回ってないんですけどね…!

一件目では眼瞼下垂の手術を勧められ、埋没法なら一重の目だけにした方がいいと言われました。(有名な院長先生でしたが埋没法という私の選択に不服そうでした。)

二件目では「眼瞼下垂の手術をいきなりすすめるのは金儲け主義」とはっきりいわれ、「あなたの目だったらこういう位置に針を入れることによって左右の差を少なく出来ますよ」と具体的なカウンセリングをされました。質問にもしっかり答えてくれて好印象。

 

そうして二件目のクリニックでお世話になることにしたのですが、ここで私の大きなミス一発目発動!!!

 

カウンセリングをしてくれた院長先生ではなく、別の医師のオペでお願いしてしまったのです。

 

これは大きな失敗でした。

「院長先生よりも安くなりますし、他の先生も皆埋没法は得意ですので、特にこだわりがなければぜひ^^」というナースの意見に従って、「なら、どの先生でも大丈夫です」と言ってしまったのです…。

今考えると、春休み中で混雑しているからこのように誘導されたんだと思います。

 

結局カウンセリングのときの先生と違う先生を選ぶということはまた一から説明のし直しになります。しかも手術の直前に、です。

また、代表の院長などと違い、週に1回程度しか出勤しない非常勤医師の場合があります。(よって、口コミなどが出てきづらい)

 

これから手術を受ける方は、多少の増額があっても自分が「いいな」と思ったその先生に施術をしてもらってください。必ずや!!

 

 

 

 

そして繋がる、②の事前カウンセリング。

 

最初にみてもらった院長先生とは確かにじっくり話せたのですが、手術当日、私の前に現れた女医さんはシャキシャキしたタイプで、向こうのペースでどんどん話を進めていきました。さくっと終わらせましょうね、という圧にのまれ、私の返答もどんどんすばやくなっていきます。

「ここのラインでとるとこうなるよ」と見せられたラインがそこまで変じゃなかったので「じゃあそこで」とお願いすると、正味1分程度の確認でオペをすることになってしまいました。

 

向こうのせいではなくて私の、異常に「プロ」の手を煩わせることを避けようとすること、その場の雰囲気にのまれて「なんか大丈夫な気がする」と楽天的になってしまう、という性格のせいなのですが、これも非常~~に後悔しています。

 

まず第一にお金を払っているのはこちらです。リスクを負うのもこちらです。

「当たり前じゃん!」と思うのですが、妙に恐縮して忘れがちになるのがこの点。

 

多少向こうが「めんどくせー」と思ったとしても、こちらの要望はまず全て伝えましょう。

☆初めてで緊張するとわかっているひとは、事前にしっかりメモを書いてそれを見せながら話しましょう。また、イメージ写真を持って行きましょう。

 

また、事前に棒などをあてて見せてくれる瞼のラインがそのまま反映されるとは限りません!

 

わたしは何パターンか見せられたうち、一つ目が一番嫌なパターン(目頭からぐいーんとラインが繋がった幅広な末広型)で、二つ目が理想のパターン(新垣結衣さんのような、奥二重っぽい自然な平行型)だったので後者でお願いしました。

 

ところが、蒙古ひだが発達しているせいか今現在私の二重は一番嫌なパターンだった不自然な幅広末広型になってしまっています。最悪です

また、目に全力で力をこめるとそうでもないのですが、適度に力を抜くとトロ~~ンとした超絶幅広でおかしい状態になってしまう位置にラインをつけられてしまいました。

 

なので見せられたラインで納得したとしても、

  • 自分のこの瞼の厚さでも再現できるのか?
  • 蒙古ひだは邪魔にならないのか?
  • 無力で目を開けた時にも自然なラインになるか?

といった細かい点についても確認する必要があります。

 

あと、出来るだけ自然に!ばれないように!という意志がある人は必ずそれも伝えてください。

埋没法は年月が経つとともに幅が狭くなる傾向にあるので、最初から文句を言われないように結構がっつり幅をとる先生も多いようです。

私の場合幅広いよりは狭い方がよっぽどよかったので、これに関しても口酸っぱく言うべきだったと思いました…。

 

 

多分このようなカウンセリングの過程で、「これは切開しないと」等新たな課題が出てくることもあるかと思います。その時はまた立ち止まって再考することが必要だと思います。

気が大きくなって勢いで全部その場で済ますことのないようにーー!

 

 

以上、私の反省を踏まえたちょっとしたアドバイスでした。

次に、いくつか実際やってみて思ったことなどをまとめてみたいと思います。

 

 

これから埋没法をしようと考えているあなたへ。①

ダイエット中にもかかわらずたらふく白米を食べてしまったせいこです。

炭水化物を抜くと便秘になるのがつらい。

お米を食べた途端お通じが良くなるのだから不思議です…どうにかならないかな。

 

 

 

 

さて、今日はタイトルにもある通り、

 

「埋没法をしよう」と考えている方々に向けた、私からのちょっとしたアドバイスのようなものを綴ろうと思っています。

 

埋没法をしようと思っている方は、きっと一重まぶたや奥二重に悩んでいる子が多いと思います。私もその一人でした。

特に私は片目がすっきりした奥二重でもう片方が重い一重まぶただったので左右差がひどく、長年のコンプレックスでした。

 

アイプチで左右差を整えても、瞼がビヨンと伸びて余計に目の大きさの差が広がっていく…

おでこの力で目をあけるから片頭痛に悩まされる…

 

単純に見目形の問題もあるけれど、結構具体的な辛さがあるんですよね。

 

 

 

美容整形 というとなんだか大それたことのように感じますが、まず第一に伝えたいのは

 

「埋没法なんて整形ってほどでもないぞ~!」

 

ということ、そして矛盾するようですが、

 

「それでもやっぱり、リスクは生じるぞ~!」

 

この二点です。

 

 

 

わたしは自身の説明不足、認識不足、初めての手術室で緊張してしまったこと、等が原因で自分の望む二重幅になりませんでした。

このような反省を踏まえて、これから手術しようと思っているあなたの不安が少なくなるような、少しでも成功につながるようなアドバイスが出来たらと思います。

 

 

②に続く!!

大嫌い大嫌い大好き

 

決死の宣言もむなしく、早速ブログを放置して早数日。

いつの間にか桜の蕾も開いて、街中に人が溢れ始めた。

 

リクルートスーツとフレッシュマンスーツ。

似て非なる両者だが、どちらも何かのスタートを切っていることは同じ。

 

新しい風を吹かせる存在…

全てが眩しく感じる。

 

いや、私も彼らと同じで、今年から新社会人になる正真正銘のニューカマーパーソン☆なはずなのだけど…

 

 

哀しいかな。整形失敗めばちこブスの心に春は訪れない!!!

 

 

(整形の詳細については以前の記事参照)

 

 

 

術後2週間経ったわけだが、トンデモない幅の二重は落ち着かず…

それどころか、針穴に水ぶくれが出来、病院で処置を受ける羽目になった。

 

「いつから修正手術ができますか?」

と必死の形相で言う私に、医師は「とりあえず2ヶ月待って!絶対幅、せまくなりますから。」の一点張りだ。

とはいえ、「絶対」と言われるとちょっと安堵するのが人のさが。その日はなんとなく前向きに病院を後にしたものの、後日対面した父や祖母から「なにその瞼、気持ち悪」と言われることによって、また気分は奈落の底へと落ち込んでしまった。

 

 

 

わたしは超一流の美女になりたかったわけではなくて…

ただ、普通の女の子と同じような控えめな二重になれればよかったのに。

 

せめてブス、とは言われないような。

 

 

ところが今鏡に映るのは出来損ないのデメキンのような顔だ。

 

 

こうなってみて、初めて以前の私の涼やかな奥二重も悪くなかったかもなんて思い始めたりして。(遅いっつーの)

 

 

 

人間無い物ねだり。

でもそれはきらめく向上心と表裏一体なのよ。

ただ、顔の失敗を取り返すのは難しい。

 

 

 

 

せめて仕事は頑張ろうと、入社前の交流会に乗り込んだけれど、人と話していると目が気になって自然とうつむき気味になっていく。

人見知りを隠すためにワインを喉に流し込む。頭が朦朧とする中、ひたすらに自己紹介を繰り返しお辞儀をする。上司のグラスにお酒を注ぐ、サラダを取り分ける…

わたしがそんな作業に追われている横で、同期入社の女の子は笑顔で女性社員とハグしてLINE交換している。

あーあ。

 

もうこの世、わけわからん。

 

 

 

 

 

それでも生きていかなきゃいけない。

お金は稼がなきゃいけない。

時間は一刻一刻と過ぎ去ってゆく。

 

 

 

逃れられない重圧を感じながら、美しく舞い踊る小田さくらを見る。

 

「コンプレックスは武器に変えて My努力よ裏切らないで ケ・セラ・セラ Set up!」

 

彼女のためにあるような歌詞だと思う。常にパフォーマンスも容姿も最新が自分の最上となるように、努力し続ける彼女の不屈の精神には感服する。

 

 

f:id:saintmegamegalove:20170404184207p:plain

 

 

プリーズレスキューミー!!って言ってるだけじゃダメだって、分かってはいるんだけどね。

 

 

 

頑張る力を誰か私にください…

 

 

 

 

 

 

youtu.be

自己紹介的な

 

 

いきなり身の上話を始めても「ん??」って感じだと思うのでまずお決まりの

自己紹介

ってやつをしたいと思います。

 

名前・せいこ (当然仮名)

ちなみに大森靖子さんをイメージしているわけではありません。聖子ちゃんの方です。

 

性別・女性です。

 

年齢・今年24。が、大学は今春卒業しました。浪人ではなく留年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…と、ここまで書いて早くも息切れしてきました!!!!

お見合いかよ!!出会い系のプロフィールかよ!!!!気持ち悪い!!!

 

 

 

 

 

 

 

…なんでしょう一気に簡単に言うと、

 

~大学生時代、学校<課外活動(所謂芸術的な)だったため出席足りず留年、芸術の道での大成を才能の欠如から諦め就職活動を開始するもことごとく失敗失敗失敗!無事卒業は確定するも進路未確定(現在最終面接の返事待ち)~

 

という崖っぷち女でございます!!

 

 

 

 

とにかく愛しているものは女性アイドル、特にハロプロ(ヘッダーをみればわかるよね。にょん)

グラビアもAV女優も可愛い女の子は全員好き。

ちなみに可愛い男の子も好きだけど、ジャニーズは全く通ってません。

 

 そしてこの趣好は自分のブス・コンプレックスが強く影響していることも理解している。

 

 

とにかくブスブスブスブス虐げられることの多い人生で、しかもそれをネタにすることを強要される環境にいました。

また、それがそれなりに面白く出来てしまった自分のせいで、年々エスカレートすることになってしまったのです。

 

そんな自分の顔が気に入らず、先日勇気を振り絞って重たい瞼をパチっとさせる簡単な手術をしたところなんと元の顔よりブスになるという事件が起きました。

 

ブスを解消するために大金だしてプチ整形したらもっとブスになるという大変笑えちゃうし泣けちゃう状況なわけです。

それでもついて回るのは「自己責任」という言葉。

今必死で修正を試みているところですがどうなるかわかりません。

 

ちなみにお分かりのとおりモテないので彼氏いたこともありません。

 

 

 

 

 

もう何回も就職活動にまつわる「自己分析」とやらで自分の半生を振り返ってきましたが、こうしてみるとこの数年間に不幸が集中している気がします。

勿論こちらに綴ったのはまだライトな事項だけで、本当に大変なこと(お家騒動・宗教問題)等はもっと別にあります。それはあまり語るべきでないと思っているのでここでは言いませんが。あ、宗教問題って書いたけど私自身は無宗教ですのであしからず。そんなこんなで最近世間をにぎわせた若手女優のニュースはあまり他人事とは思えず、いろいろ考えるところがありました。

 

 

 

 

幼いころからの蓄積が、まさに膿のようになって身体のいたるところからジュクジュクと臭いにおいを放ちながらでてきている状態。

 

 

でも、わたしは元気に正しく清らかに、

そして美しく生きたい。

 

 

美しくなりたい、賢くなりたい、ちゃんとした人間になりたい。

 

今まで自虐ばかりして、それで笑いをとることに慣れ過ぎて麻痺して、どんどん本来の自分以下に見せることが上手くなってしまった。

でも、こんなどうしようもないわたしでも、今度こそ変わらなきゃと。

整形も失敗してダイエットも停滞して、唯一の救いだった学歴も留年で傷がついてという酷い状況だけど、ここであきらめたら全部終わるから前向きに生きよう。という宣言をどこかでしたくて。

 

 

なのでこのブログに書くのは暗いことや不幸自慢ではなく、元気に生きて行くための思考整理だったり、わたしをハッピーにしてくれる人や物の話になります。

 

 

れいごというのは苦手だけど、負を正に変えることが出来たら、一番いいじゃない。

 

 

 

 

 

生きて行かなくては

 

 

 

 

f:id:saintmegamegalove:20170327131852j:plain

 

 まだ夢を見させてください。

 

 

決意表明

ブログ開始宣言!!!!!!

 

 

はい。

開設しては放置、を繰り返して一体何度目の正直になるだろう。

 

 

 

 

心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」

 

 

 

 

上記は有名な『徒然草』の一文。

なんとなく思ったことそのまま書いていると妙な感じになってしまう、というのは何年も前の人たちも思っていたことなんだなあ。ちょっと安心。

 

まあそんなところが嫌になって何度もブログを三日坊主でやめてきたわけですが、今回ばかりは、「書かなければ」と強く思い立ったわけです。

なんというか、心に思いつくあれこれを外に出さないと、死んじゃうかもっていう感じ。毎日鬱々と腹に溜まるものをかかえて、ちょっと重くなりすぎてしまった。

 

お察しのとおり周りにポツリポツリと現状を話せる相手などいないのです。

匿名のはてなブログで、好き勝手書いて自己満足しよう。そういう趣旨のブログになります。

 

 

 

 

 

 

開始宣言です。

 

 

 

 

 

 

f:id:saintmegamegalove:20170327122346j:plain

 

さゆみんランドール。